お金を借りるのに至急対応してくれるおすすめキャッシング!

300x250 竹中さん 静止

モビットでは、インターネット申込みを24時間受け付け。

全国の提携ATMはもちろん、パソコン・スマートフォン・ケータイでいつもどこでもキャッシングが可能。

金利が4.80%〜18.00%から3.0%〜18.0%に大幅緩和! (2015年9月28日より)

限度額も500万円から800万円に大幅緩和! (2015年9月28日より)

モビットから即日融資を受けるためには、14:50分までに振込手続きを済ませてください
 → 14:50過ぎでもネットで審査を完了させた後、ローン申込機でカードを発行すれば”即日融資”が可能になりました。

ネットで審査完了後の入会手続き時に、カードの受取り方法をローン申込機と指定し予約番号を入手してください。そうすれば、お近くのローン申込機でカードを発行することができます。

ローン申込機の営業時間は設置場所により異なりますが、平日はもちろん土日祝日も夜9時まで営業しているのでとっても便利ですよ。(今までモビットは楽天銀行に口座がないと土日祝日は利用しにくかったんです。)

*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
*審査に通るかどうかはやってみないとわかりませんので、事前にネットで審査申込みすることをおすすめします。
金利 限度額 人気度
3.0%〜18.0%
9月28日より大幅緩和!
800万円
9月28日より大幅緩和!
評価5

300 × 250

プロミスでは、申込みの受付けが24時間365日できるところが大人気になっています。

申込から審査まですべてをネットで完了すれば来店も不要。スピーディーな審査で最短30分回答!

平日14:00までにWeb契約完了していれば、その日のうちに入金してもらえることもできます。

振込予約の受付は24時間対応していますが、実際の振込みは銀行が動いてからになります。

ただし、三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座があれば土日や夜間でも振込をしてもらえる可能性がありますよ。

30日間無利息サービスは、Eメールアドレスの登録と、Web明細利用登録で利用できますよ。
金利 限度額 人気度
4.5%〜17.8% 500万円 評価4.5

アイフルでは、審査申込みはネットで24時間受付けています。

申込から審査まですべてをネットで完了すれば、もちろん来店は不要。

最短30分で審査完了。

1,000円から500万円まで融資可能。
(※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。)

パートやアルバイトでも定期的収入があれば申込可能。

利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額が100万円以下のケースは収入証明書は原則不要


カードの受け取りは、配達日時を指定できる宅配便か、もしくは無人契約機で受け取ることもできます。

*無人契約機へ行く時には、審査に通らない場合もありますので、事前にネットで審査申し込みしてから行くとムダ足にならずにすみますよ。(家族に内緒で借りられる可能性大)
金利 限度額 人気度
4.5%〜18.0% 500万円 評価4

 

消費者金融と銀行の融資

 

お金 借りる 至急

何らかの方法でお金がいるという時は、銀行や、消費者金融系の金融会社からお金を借りることが可能です。ローンを組みたい時は、銀行と、消費者金融とのどちらがいいものなのでしょう。

 

融資を行うという点では双方が一致していますが、細々とした部分では差があります。金融会社としての位置が、銀行と消費者金融では異なります。広く顧客を対象として、少しずつ融資をするのが消費者金融です。

 

一方、銀行のほうはまとまった金額を、審査を突破したという人だけに行っています。銀行から融資をうける場合の審査は厳しく、融資を受ける際の事情も住宅購入や企業など一度の融資額が大きくなる傾向があります。大口の融資を受ける時には、保証人がいなければいけなかったり、土地や建物が担保になることがあります。

 

消費者金融と比較すると、銀行系は低金利での融資が受けられます。消費者金融系は、銀行系のキャッシングよりも審査に通りやすく、短時間で審査が済みます。消費者金融系のキャッシングは担保や保証人がなくとも本人の信用だけで融資が受けられますが、貸付金額は小口になります。

 

銀行と比較すると消費者金融系の融資は金利が高くるので、利息が高くなってしまいがちです。消費者金融と銀行では融資を受ける条件にかなりの違いがありますので、自分の目的やライフスタイルに合ったほうを選択することをおすすめします。

 

 

ローン一本化に向かない人

 

お金 借りる 至急

ローンの一本化は、複数の金融会社から融資を受けて返済が困難になっている人に適していますが、おすすめできない人もいます。もしもいくつかのローンを利用しているなら、全て貸付条件をチェックしましょう。

 

今借りているローンに金利の低いものがあるならば、改めて新しいローンを借入れずとも、一本化をして返済負担を軽くできるかもしれません。現在、融資を受けている金融会社に事情を話し、現状の金利のままで、貸付上限額を高くして一本化ができるようにします。

 

ローンの一本化のためには、いくらの融資で一本化がきるか話さなければなりません。融資枠の増額希望の審査が通れば、一本化した場合と比べて利息や支払総額、支払期間で有利になることがあります。どのような方法でローンを一本化すると返済の条件がよくなるかを、試算してから実行に移しましょう。

 

ローンの一本化を、本人の性格的な理由から勧められないという人もいます。返済途中に、新しくローンを借りてしまうような人です。今までたくさん抱え込んでいたローンを一本化することで、借金額が減ったように感じる人もいます。一本化したからといって借入金額が少なくなったわけではなく、完済なければならないことは変わりません。

 

一本化によってローンをまとめた以上は、絶対に最後まで返済を続けること、新規のローンは組まないと考えるべきです。ローンの一本化は借金返済のために役立つものですが、ひとつ間違えば再び借金地獄に陥ることがありますので注意しましょう。